« 年末九州2 | トップページ | 新春 »

2013年1月 6日 (日)

新春ベルばら

3日は、りこ実家風白味噌のお雑煮。

201301034

そして誘っていただいて、宝塚へ!何年ぶりだろう?ベルばら。

201301033

幕が開く前から、ドハデロココ調です。

201301032

思えば、小学生でベルばらデビューして以来、多分10回くらい見ている宝塚のベルばら。ぐぐってたら、こんなのが出てきたのですが、まさに、宝塚XベルサイユのばらX長谷川一夫の究極の舞台。通算500万人以上が見ているそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=M4q9vEbrCco

星を目に飛ばす話、どこかで見たことがありました。
歌も、演出も完成度の高さから、今でも踏襲されているものが多い。

しょっぱなから、ピンクときんきらの少女漫画テイストロココ調の舞台に、いきなり物語へといざなわれる小公女、小公子の

「ご覧なさい、ご覧なさい、ベルサイユのばーらー」

で始まります。

今回は、『オスカル、アンドレ編』なのですが、アンドレに他組のトップが客演で参加するからか、アンドレがめだっていて、オスカル、アンドレが死んだ後にやっと見せ場面な感じ。。

全曲そらで歌えますの名曲が続き、あまりにも報われない愛の世界が繰り広げられます。。。王妃を好きなフェルゼンを好きなオスカル(=貴族)を好きなアンドレ(=平民)  ああ、せつない。

201301031

演出が新しくなっていたのは、最後オスカルが死ぬ場面。なんと、馬車がトレーラーで飛びます!ベルトを装着していたので、これは飛ぶか!?と思っていたら、見事な上がり方で、思わず笑いと拍手が巻きおこっていました。

帰ってから、WiiUのカラオケでさらにベルばら熱唱。

ムスメのMiiも、きぐるみで熱唱。

20130103

ああ、めでたいお正月でした。

永遠の名作ですね。

« 年末九州2 | トップページ | 新春 »

りこつれづれ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春ベルばら:

« 年末九州2 | トップページ | 新春 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リプレ

  • リプレ