« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

スウェーデン人の友人宅でFIKA

こちらに来てすぐのころに、facebookで子ども達が参加したCISV(Children's International Summer Village)がスウェーデンでも結構盛んで、ヨーテボリにも支部があることがわかりました。

 

町を歩いていたら、Tシャツやの店員のお姉さんが、

 

"Are you a CISVer?"

 

と、これもまたCISVのTシャツを着ていたムスメに声をかけてくれたことも。

 

ということで、活動にかかわりたくて、メールマガジンに入れてもらったのですが、残念ながら(というか、当たり前ですが)普段のメールはスウェーデン語でわからない。。。

 

しかも、子ども達が思った以上に英語環境で人に会うことを拒否したので、かかわれないままここまで来ていました。

 

しかし、GWに、今はCISVの活動にどっぷりつかっている主人が来るので、せっかくだし、ということで、FACEBOOKで声をかけて、わざわざISGRのバザーに会いに来てくれた人に会えないかと連絡してみたら、ぜひ会いましょう!と言ってくれて、主人と二人でFIKAにお邪魔してきました。

 

相変わらず、どこもきれいにしているスウェーデン人のおうち。ここも本当に素敵でした。しこも、この地域、自分たちで家を建てようブームの時に建った家だそうで、スウェーデンのおうちには珍しく黒いおうちです。

House

さすがスウェーデンのFIKA,ちゃんとベーキングが出てきます。

ブルーチーズとジンジャークッキー

北欧風クランブルアップルパイ

私たちが持って行ったいちご

201605030

 

CISVでは民族衣装を持っていくのですが、今年のスウェーデンチームはサッカーのユニフォームだったとのこと。民族衣装はないの?と聞いたら、なんとおばあさんが作って、家族で受け継いでいるという民族衣装を見せていただきました!

201605032

刺繍も手作り。

 

この、典型的デザインパターンから作られたそうです。

201605033

今でも結婚式などで着るそう。素敵。

GWコペンハーゲンに行ってきました!三日目

最後の日はのんびり起きて、走って、クリスチャニアに行ってきました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%82%A2_(%E3%82%B3%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3)
こんなところがあるの全然知らなかったのですが、デンマーク人の同僚が「好きかどうかは別として面白い」と言ってて、せっかくだし。なんとコペンハーゲンで4番目に大きな観光地だったんですね。
朝だったので、全然怪しい雰囲気とかはなく、通勤の人が通ってるような感じで、町はペインティングで埋め尽くされていてごちゃごちゃしてました。先週昼間に行った同僚は”No photo"のサインのところで明らかにコカインかなんかを売ってる雰囲気だったそう。
そのあと、大きな橋を渡ってマルモ経由で帰ってきました。
橋に乗るところで税関があって、パスポートと運転免許をチェック。国際免許証持ってきててよかった。検査官のお兄さんが「こんな免許証見るの初めてだから、ついつい見ちゃったよ」と言ってました。
20160502
この橋、明石大橋とかも比較にならないくらい長いのですが、高いところに建築されているというより、周りの地面を埋めて作っている感じ。
ちょうどお昼過ぎにヨーテボリについたので、大好きなレストランでランチ。
ここは、ヨーテボリでも1,2番においしいと思う。
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g1165137-d3476476-Reviews-Langedrags_Vardshus-Vastra_Frolunda_Vastra_Gotaland_County_West_Coast.html
私は車なので飲めなかったけれど、ぱんちょさんは赤ワイン。
ランチはサラダビュッフェ。
パンもおいしい!
201605020
みんなお肉を選びました。
201605021
お肉も柔らかかったし、ジャガイモもおいしかったー。
これで2泊3日の旅行は終わり。楽しかったー。

GWコペンハーゲンに行ってきました!二日目 4

救世主教会から街中に戻ってきました。

ムスメがデザインの授業で使ったというジュースブランドのスタンドを発見。かわいい。
2016043019
さすが本場。レゴのお店発見!
2016043020
街中も素敵。
2016043021
ちょっとした噴水も素敵です。牛がお魚を捕まえているというダイナミックな構図。神話とかなのかな?
2016043022
そして最後にやってきたのはチボリ公園。
2016043024
こじんまりしているのですが、とにかくきれいにしています。ここにもあった綿菓子。こちらではお箸がないので、紙の筒に巻いてくれます。
2016043023
ムスメと二人でジェットコースターに乗って今日は終了。男子チームは結構去年のリセべりでひどい目にあい(ムスコ吐く、ぱんちょさん絶叫マシーンにビビる)今日はお休みでした。
おうちに帰って今日も軽くチーズやお肉を食べて終了。

GWコペンハーゲンに行ってきました!二日目 3

まだまだ行きます、コペンハーゲン!町の中に帰って救世主教会に行きました。

トイレに並び、入り口に並び、30分くらいかな?教会の中をぐるぐるぐるぐる歩いて登ります。狭いので、すれ違いが大変。
途中からなんと尖塔の横の階段を上ります。高所恐怖症の人には無理やねー。
2016043012
塔の先端にいます。どんどん狭くなってくる。。
2016043013  
コペンハーゲン一望。こんな景色です。素敵すぎるー。
2016043014
ちょっと角度変えてもこの美しさ。
2016043015
この先頭まで上ります。
2016043016
ここまで来て映すな!
2016043017    
で、こんな感じ?体が大きすぎると本当の先端まで行けません。ぱんちょさんは諦めた。私はなんとか行けました。
2016043018
一見の価値あり!

2016年5月28日 (土)

GWコペンハーゲンに行ってきました!二日目 2

さて市内に出てきたので、とりあえず全体感をつかむためにもクルーズに乗ることに。先週コペンハーゲンに行った同僚から、絶対バスよりボートで回ったほうがいい、と聞いたので、Hop on and offのボートに乗ることにしました。

201604305
運河を運行します。イヤホンで、11か国語サポートしてました。もちろん日本語も。
ニューハウン内へ入っていきます。とにかくめちゃくちゃきれい!
2016043029
今回は降りずに、このまま人魚姫の像まで。
観光客に囲まれて人魚いました!
201604307
なんか、世界三大がっかりということで、がっかりする、がっかりする、と思って見に行ったせいか、
あ、結構素敵やん
と逆に思ってしまった。前から見ると人間ぽくて、しっぽが生々しい魚というよりも足がだんだん魚になっていく様子をよく表していると思いました。
人魚とパチリ。
201604308
これで、私とこぱん‘sは世界の三大がっかりを制覇したことになります。どれもそれなりによかったと思ってしまった。
この後、ボートまで時間があってこともあって、周りをお散歩することに。
なんと、この日のコペンハーゲン、桜が満開でした。
201604309
ちょうど人魚姫像の近所にカストレット要塞という五稜郭みたいな要塞が。
2016043001
しかも近所で何かイベントをやっていうらしく、コスプレの人たちが。。(のちほど、コペンハーゲンお花見大会だったことが判明)
このあたり、噴水、彫刻などなかなか見ごたえありました。
2016043002
蛇さんが巻き付いていてなかなかの迫力。
2016043003
この像、男か女かで家族会議になり、表に回ってみたら、女性だったことが判明。
2016043004
実はこの後、コペンハーゲンお花見大会に行ってみたら、フィギュアは売ってるわ、アンデルセンのメロンパンは売ってるわ、こぱん大興奮だったのですが、よく考えたら、まだ現金おろしてなかった!!
ちなみにデンマークもユーロではなく、クローナ。ただしスウェーデンクローナとは違います。一緒にしてほしい。
201605034
スウェーデンは人物モチーフで、デンマークは物と建築物モチーフのようです。
お金もないし、とりあえずニューハウンまで戻ってお昼を食べることに。
2016043005
いやあ、こんな景色で外で食べたら、なんでもおいしいよ!
子供たちはハンバーガー。私たちはもちろんシュリンプサンドもついたデンマークランチセットとカールスバーグビール。ここのえびがめちゃくちゃおいしかった!!
2016043006
ほかの観光地より絶対お花見大会に戻りたい!!というこぱんの強い希望で、カストレット要塞の方まで戻りました。
着物姿の人(コスプレチックなのも含めて)が結構いました。
2016043007
さらに着物ショーまで。毎年やってるんだそうです。
2016043009
こんなところで振袖を見れるとは!
2016043008
しかし、人気のメロンパンは売り切れで、仕方なく、抹茶シェイクで許してもらう。。
子供たちは絵を描くコーナーで、デンマーク人が漫画を描いている横で絵を描きだしました。結構上手でびっくり。好きな人はここにもいるのねー。
私は引き続き、あちこち見て回り、侍にも会いました。
2016043010
そして次は、和太鼓。
説明が入ったのですが、日本でも割と新しい演奏だと。確かに。
若者がクラブに入って練習していて今日がお披露目だったようで、みんな一生懸命で見ていて迫力もあり、とってもよかったです。
2016043011
スポーツ的な要素もあるし、かっこいいし、入りやすいのかも。
こうやって日本発祥のものが発展形で親しまれているのはうれしい。
最後はみんなで大盆踊り大会。
これは私は参加しなかったのですが、春のコペンハーゲンで、桜の下盆踊りをすることになるとは。。。すごい偶然がうれしい。

GWコペンハーゲンに行ってきました!二日目

まずは起きて走ります。

家から海岸まで近いということが分かったので、海岸の道まで。
なんだか、不思議なものを見つけました。
201604300
ウェットスーツを脱いでいる少年がいて、この小屋(といっても屋根はない)のところでコーヒーを飲んだいる人たちがおり、濡れてるので、泳いだ後なのか??天然の温泉なのか??
20160430
Kastrup Sobad、なんとKastrup Seabathというのだそうです。
http://www.visitcopenhagen.com/copenhagen/kastrup-sea-bath-kastrup-sobad-gdk412208
シャワーと脱衣所があるとは書いてあるけれど、つまり海水浴??この寒さの中で朝から寒中水泳か!!?おじいさん、おばあさんが多かったのですが、すごすぎる。。
そのまま走っていくと、夏の海水浴場が整備されていました。
2016043028
すばらしい景色。
201604302
海の中に吸い込まれていきそうです。
風力発電が見えました。
201604301
この後朝ご飯を食べてバスで15分ほどでコペンハーゲンの町に出ました。

GWコペンハーゲンに行ってきました!一日目3

ルイジアナ美術館から車でコペンハーゲンまでは一時間くらい。今回泊まらせてもらったおうちはさらに空港に向かって少し南に行ったところにありました。

なぜかサイトに上がっていた地図がずれていて、オーナーさんになかなか会えず。。
やっとたどり着いたら、すっごく素敵なおうちでした!
「マンションじゃなくて、一軒家だってわからなかった?」
と言われたけれど、地図に指示されたらそれに従うよね。。
オーナーのリンダさんは一人でここに住んでいて、なんと2年前に知り合った今のご主人のおうちとを行ったり来たりしているそうな。なので、家自体は平屋でそんなに大きくないのですが、お庭が大きい。自慢のお庭だそうな。
2016042915
サンルームがあります。
2016042916
サンルームの中にお花を飾ってくれていました。
これからお友達のところに行くというリンダさん、ジーンズだけど、おしゃれをしてやはりプレゼントにお花を持っていきました。
2016042914
花が日常にある感じ。
2016042918
台所も素敵にしていました。
2016042919
しかも、
「調味料とか、コーヒーとか、紅茶とかなんでも使ってね」
と言っていただき、そのうえ赤ワインまで一本プレゼントしてくれました。
まさにairbnbのだいご味。普段実際に人が住んでいると、そこを使わせてもらえるので本当に便利です。
どこにいてもWIFI,PCの人。。
2016042917_2
家の目の前にスーパーがあって、ここでチーズやパスタを買い込み夕飯はおうちで。
一日目終了。

GWコペンハーゲンに行ってきました!一日目2

次に向かったのは、友人にとってもおすすめされたルイジアナ美術館。
https://www.louisiana.dk/
ここのカフェの眺望がすばらしいということで、まずはおなかもすいたことだしランチへ。フェリーでピザを食べてあまりおなかがすいていない、というこぱんち以外はビュッフェを頼みました。お野菜中心でタパス風でなかなかおいしかったです。
2016042906
美術館は海岸沿いに立っていて、ここからもスウェーデンがすぐ目の前に見えます。
2016042907
お庭がすばらしい。
201604304
なんだかピラミッドみたいな建物発見。
2016042908
アルクサンダー・カルダーという現代美術科のモビール。気持ちよさそう。
2016042909
お庭にかわいい石像が。
2016042911
不思議な水槽の展示品。
2016042913
最後の廊下。
201604305
airbnbのオーナーさんから鍵の受け渡しをしたい、という連絡が来てあまりゆっくりできなかったのですが、それでも気持ちの良い時間を過ごせました。草間彌生などの展示も充実しているようです。
今度はゆっくり行きたい。

GWコペンハーゲンに行ってきました!

日本のGWに合わせて年末からぶりのぱんちょさんと、帰国して一か月ぶりのこぱんちがヨーテボリにやってきたので、2泊3日でコペンハーゲンに行ってきました。

コペンハーゲン、なんと陸路のみでも行けます。ストックホルムよりも近い。ということで、車で行くことに。ただし、フェリーが楽、と聞いたのと、フェリー降り場のあたりも結構観光地、ということだったので、行きはヘルシンボーからヘルシンボリにフェリーで渡ることにしました。
ヘルシンボーまでヨーテボリから高速飛ばして快適に3時間弱。快適すぎて私が表示を見逃していてちょっと戻ることになったものの、結構簡単にヘルシンボーのフェリー乗り場へ。
チケットを買いに建物に入ったら、車で入る人は裏から直接車ごとはいる、とのこと。
この入り口が実は結構わかりにくい遠回りなところにあったのですが、なんとか無事にたどりつけました。
201604295
いったんわかれば、チケットをそれこそ高速の入り口のようなところで買い、簡単に入れます。上には大きなデューティーフリーのお酒の広告が。そう、このフェリー。お酒の高いスウェーデンから行く人たちがたくさんお酒を買うので有名なのです。
ツーリング中で自転車で乗っている人もいました。気持ちよさそう。
201604294
乗ったら15分くらいで着いてしまいます。
小腹がすいていたけれど、デンマークでご飯食べたかったので、アイスで我慢。
201604292
カールスバーグのビールが一缶100円くらいで安かったのでどうせぱんちょさんもいてたくさん飲むだろうと4ケース購入。後で見たら、デンマーク市内だとスーパーでも同じ値段でした。箱ワインはスウェーデンと同じくらい。
到着後まず船着き場に近いクロンボー城へ。
ここ、シェイクスピアのハムレットの舞台のお城として有名なのだそうです。
ハムレットのモデルがデンマーク王子だったとは知らなかった。。
とっても雰囲気のあるお城です。
201604293
お城に入ります。
20160430
もっとすごいトンネルもあると知らず。。
201604300
入り口はいるよ、ウェーイ!
201604301
場所がら要塞の機能も備えているので砲台がたくさん置かれていました。スウェーデンとを行きかう船の税金を取っていたのだそうです。
入り口着いたよ!
201604302
ひそやかにかわいい白鳥発見。
201604303
で、途中に砲台発見。
2016042903
かといって決して要塞的な外見というよりも、お城として素敵な外観を備えています。
2016042904
ものすごく近い距離に向こう岸のスウェーデンが見えます。
2016042905
内装もしっかり王の住居としても使われていたので、決して華美ではないですが、素敵なつくり。
201604297
住みやすさとデザインを兼ね備えた内装で、しかもやっぱり寒いのでしょう。すべての部屋に大きな暖炉が備え付けでした。
201604296
このお城を舞台に実際にハムレットの舞台もたびたびおこなわれているそうで、有名どころで行くともちろんローレンスオリヴィエ、そしてその相手役のオフィーリアはなんとビビアン・リーの時もあったそうです。そして、最近だとジュード・ロウ。
201604298
今年はなんとシェイクスピア生誕400年を記念して、夏には毎日生ハムレット上映があるんだそうな。見てみたい!
火災を免れたチャペル。城の中に結構な大きさであります。
201604299
チャペルの椅子に凝った模様が。
2016042901
城の中庭。
2016042902
しかし何といってもこのお城のすごいのは地下。地下牢が迷路のように張り巡らされていて、ここに眠れる英雄ホルガー・ダンスクの像があります。国家が存亡のききにさらされた時に目覚めて戦うのだそうな。
なぜか紹介で横に日本の3年寝太郎の絵が飾られてました。まあ、似てなくはない。。
2016042910
この地下は本当に暗くて、自動販売機で懐中電灯売ってます。ここを回るのはちょっとアドベンチャーで楽しかった。
2016043025

2016年5月27日 (金)

ポーランド人の友人

ムスメの友人のポーランド人のお嬢さんが母国に帰ってしまってさみしい思いをしていたのですが、お父さんが訪ねてくれました!

20160510
私と娘が元気か来てくれたのがありがたい。。
20160512_195708_resized
そしてポーランド旅行へのアドバイスとポーランドのチョコウェハース。
おいしゅうございました~

2016年5月25日 (水)

ヨーテボリマラソン走りました!!

ヨーテボリハーフマラソン走りました!

スウェーデンのヨーテボリに赴任が決まったのがちょうど去年の今頃。その町に世界最大のハーフマラソンがあるということで、「天神橋筋商店街の日本一と同じ自分曰く(本当なんだろうけど)なんじゃない?」とあんまり期待していなかったのですが、それでもせっかく自分の住んでいる街中を走れるというので楽しみに走ってきました。

そして、いやあ、びっくりした、感動した!!
すごい大会でした。

まずその人数がすごい。

フルマラソンのランナー数という統計があったので見てみたのですが、

1位 ニューヨークシティマラソン(11月2日) 50504人
2位 シカゴマラソン(10月12日)       40801人
3位 パリマラソン(4月6日)         38116人
4位 ロンドンマラソン(4月13日)      35803人
5位 東京マラソン(2月23日)        34121人
8位 大阪マラソン(10月26日)        28092人 

フルで5万人が完走するというニューヨークシティマラソンは考えられないくらいすごいと思う。

でも、私たちが体験しているような超大型都市マラソン、東京や大阪が3万人上下、ということを思うと、6万4千人とほぼ倍の人数を走る大会のすごさがわかります。

で、これだけの人数が走るとどうなるかというと、一度に出走しません。。

エリートが13時に出発してから5,6分おきに25チームが出走。最後のチームは16:00出発です。。これにちゃんと気づいたのが2日前。。びっくりした。私15:39出走でした。こんなに遅く出発したの、夕涼みラン以来だ。

13243723_10154203964709530_19444546

25チーム出走しようが毎チーム2500人くらい走るわけで、各チームもでかい。。並んで、順番に前に進んでいって、スタートの前まで来ると曲がかかってみんなで踊ってから出発します。お祭りだ!

Startgruppskarta_21km_2016_eng

友人がイギリスから遊びに来てくれたのですが、私、彼女を11時40分に空港に迎えに行き、彼女と娘と家でランチを食べ、それから会場に到着して、ちょうど一位のケニア人ランナーがゴールするところを応援し(大会新記録の59:35でした)、友人が14:21に出走するのを応援し、それから2回トイレに行って荷物預けてそれでも余裕で出発でした。

13244886_10209786915288426_85141481

大きな公園、Slottsskogen出発で、結構町のど真ん中を2回橋を渡るのも含めて走り、町の目抜き通り、普段だったらトラムが走っている道を走り、またまたSlottsskogenに戻ってきて、ここの競技場でゴールです。

応援が途切れず、子供たちがハイタッチをしてくれます。

町中でみんなハイキングをしたりパーティーをしたりしながら応援してくれてるので(普通の人の家の前やカフェの前を通る)そこで宴会しながらワインやビールを片手に応援している人たちがたくさんいます。

給水のコップがものすごいことになっていて、私くらい後半を走ってると、踏みにじられて泥化したコップの上を走ることになります。町の一番の中心地ではスポンジまで配ってるので、足元がすごいことになってました。。

13217603_10154203965229530_20731418

走りにくいことこの上ない。抜くのがめちゃくちゃ大変。街中は時々人を通すために強制的に狭くしている部分があって、スピードダウン。坂も上りも下りもなかなか抜けなかったのですが、”Right please!"と言いながら後ろから走ってくる人たちがいて、ここにくっついていって突破。

というのも、走る順番が単純な走力順ではなく、

このレースに参考指定されているレースの結果
自分の記録の自己申告
今まで何度走っているか
企業のグループ枠(VOLVOなど)

なので、私みたいにとりあえずエントリーした一番目の人は限りなく後ろのほうにやられます。。

それでもずっとにやにやしながら走ってしまったくらい楽しい21kmでした。

あっという間に17kmくらいまで来てたもんなー。

会社の人に

「すごい大会!!絶対走ったほうがいい!」

と言ったら、

「ほかにも大きな大会あるでしょ?」

と言われたのですが、このお祭り感、そしてこれだけの人数を50万人都市(つまり1割以上の人数が走るという。。)が運営しているのがすごいと思う。

タイム的には、

Splits

SplitTime of dayTimeDiffMin/kmKm/hPlace
5km 16:03:22 00:23:51 23:51 04:47 12.57 789
10km 16:26:34 00:47:03 23:12 04:39 12.93 656
15km 16:50:27 01:10:56 23:53 04:47 12.56 566
20km 17:14:56 01:35:25 24:29 04:54 12.25 542
Finish 17:19:48 01:40:17 04:52 04:27 13.52 509

Features

つまり、最後の5kmで33人抜きだ!
2016052100
スウェーデン人と日本人ランナーのお宅で打ち上げをしてもらったのですが、それこそ10年前は普通の大きな大会だったのが、何年か前に世界一になり、まだまだどんどん人数が増えているらしい(2013年は62000人)。そうやって人数が増えてくる中で運営のノウハウを培っていると思う、とのことでした。スポーツクラブのネットワークがボランティアを総動員しているそうな。さすがスポーツ大国、スウェーデン。
こちら、歴代メダル。
201605213

スウェーデンだと大会ごとに完走メダルがもらえるので、一家でランナーだとすごい数になります。。

201605215

ちなみに、Göteborgsvarvetというのが正式名称なのですが、Varvというのが lap と shipyard ("skeppsvarv")の掛け言葉になっていて、港町ヨーテボリらしい名前なのだそうな。

日本人ランナーにもぜひ走りに来てほしいです!!

この大会のまたすごいところが結果集計。

国別、名前、ゼッケン、何からでも結果が出ます。

http://goteborgsvarvet.r.mikatiming.de/2016/?event=GV_9999991A136FC7000000034A&event_main_group=2016&pid=start&ranking=time_finish_netto

ここで国別の結果がすぐに見れるのですが、今年の日本人ランナー数は19人、ケニアは17人で一番遅い人が1:09:32、アメリカは80人、イギリスは313人、エストニア(フィンランドの嫁運び大会でよく優勝しているという噂を聞きつけた娘の希望で調べたら)7人でした。

しかもここの個人の記録がすでに写真にもつながっているという。さすがパーソナルナンバーの国、スウェーデン!一元管理すごすぎ。。

2016年5月 8日 (日)

ヨーテボリでトルコ料理

日本人補習校でお世話になっている日本人の先生が留学期間を終えて帰られるということで、みんなでご飯に行ってきました。トルコ料理屋さん。
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g189894-d5958597-Reviews-Restaurang_Sofra-Gothenburg_Vastra_Gotaland_County_West_Coast.html
ピザもあるので子どもたちはピザにしたんだけど、トルコ料理がおいしかった!!
ご飯とトマトの煮込みみたいなやつ
20160429
ケバブ。
201604290
そして、頼み忘れてたよね、ということで最後に出てきた前菜セットが茄子のペースとあり、いろいろありでおいしかった!
201604291
この日は息子と主人を迎えに空港に運転しないといけなかったので飲めなかったのが残念。。おいしゅうございました~

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リプレ

  • リプレ