« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月28日 (金)

夏休み第三弾

友人たちが遅れてきたその日の夕方に主人と妹、その子供たち三人が着く予定だったのが、こちらもアムステルダムから連絡があって、な、なんと乗り遅れたとのこと!!

こちらはその日の便で来れることになったのですが、その到着が23時過ぎ。。その時間まで飲めないのか。。

夜中にいとこたち到着!総勢10名になりました。みんな元気。。

次の日は曇りだったけれど、せっかくなので、私が前からみんなを連れて行きたかった(でも外を歩くのが嫌いなうちの子たちだけでは付き合ってくれない。。)近所のDelsjon湖へ。家から3kmちょいなのでみんなで歩くと30分強。

201608110

ここ、湖が広がっていて、森があって本当にきれいなところなのです。うちの子たちだけだったら絶対にブーブー言って歩いてくれないけど、いとこたちも一緒だと無事歩いてくれました。

ブランコがあって、さっそく走って飛び乗る子も。

お昼はここでホットドッグ。外で食べるとおいしい。よく売れました。


20160811


本当はこの後ボートに乗りたかったのですが、小雨が降ってきたので退散。

夏休み第二弾3

腹ごなしにHAGA地区をお散歩。改めて見てもかわいいお店が多いです。

201608035

熊のシャボン玉についついみんなで見入る。


201608036

端っこまで来たらなんだか素敵なガーデンが。


201608037

せっかくなので、子ども達も来たことのなかったSkansen Kronanにぶーぶー言われながらみんなで上る。


201608038


ほらね、素敵な景色でしょ?

201608039

子ども達からはぶーぶーのみでした。。

夏休み第二弾2

は、私の大学時代の友人と高1のムスメさんが遊びに来てくれました。

しかし、着く予定の日にヘルシンキから連絡があって、乗り換えに間に合わなったとのこと。。
時間自体がぎりぎりだったそうで、航空会社がホテル代持ってくれて一泊ヘルシンキに泊まることに。。ということで、仕切り直して次の日のお昼前に空港へ。

まずは街中に出かけることに。

前回のリベンジでFish marketへ。


20160810_2

今日はちゃんと開いてました!魚市場内のなんだか素敵なレストランへ。
http://restauranggabriel.se/

201608030

こちらもトリップアドバイザーでヨーテボリ43位なのでかなり人気のレストラン。

とにかくおなかがすいてて、ついついパンを食べてしまう。。


201608031


ムスメ、サーモンが食べたいということで、こちらのスモークサーモンを注文。これが一番食べられる量だった。

201608032

私が頼んだのはこちら。白身のお魚の上にたっぷりポテトがのってて、とてもとても食べきれない。。


201608033

「せっかくなので、ザリガニ食べたらいいよ」と友人に勧め、いつもの大きさを思って一人2匹かな?と勧めたら、な、なんとロブスターみたいに豪華巨大なザリガニでした!!
食べきれない。。


201608034


夏休み第二弾

まずは自然教室で出発が遅れたムスコがやってきた。
相変わらず最近愛想悪いけれど、寝ているとかわいい。。

20160803


夏休み第一弾5

ここで私が帰ってきて一緒に晩御飯に。今日は肉!を食べに行くことに。その名もMEET
ご夫婦の飲み友達が実は昔ヨーテボリに赴任していたそうで、その方からのおいしいレストラン紹介の中に会ったお店。私も初めて。

http://restaurangmeet.se/wordpress/start/

まずは前菜にカルパッチョ。

20160802

ムスメはもちろん肉!お友達はサーモン。

240055598_624

なかなかすごいボリューム。。


201608021

サーモンも立派。


201608020


付け合わせにポテトとソースを選ばせてくれるのですが、このソースもいろいろあっておいしかったです。

帰り道で名物のポセイドン像をご紹介。

240055602_624


なにやら嬉しそうなムスメ。。

201608023


そしてヨーテボリの夜は更けていく。。

201608024


中学校が分かれてからなかなか会う機会もなかったのが、やっぱり久しぶりに会うと、ムスメとお友達も、私とご夫婦も全然ブランクなくいろんな話ができて本当に楽しかったです。
子育て頑張りながら一緒にワーキング夫婦をやって来た同志なので、改めて子供たちの話、仕事の話といろいろな話をすることができました。

そのうえ、日本に帰った時にウナギ食べ損ねた!という話をしたら、第2弾で来た主人にパウチパックのウナギを持たせてもらって大感謝!
おいしかった~。

夏休み第一弾4

次の日は月曜日で私は仕事があったので、一行を町の中まで連れて行って、ここからは自分たちでまわっていただくことに。

Fish marketがいいよ!と勧めたのですが、残念ながら夏休みでお店がほとんど開いていなかったそうです。。

240055423_624


ランチの後はリセべり遊園地へ。

240055553_624

相変わらず仲がいい。


240055582_624

今年導入された乗り物です。うまくなると回転できるようになるらしいけれど、難しいらしい。


240055568_624


ちょっと回りかけたよ!

240055575_624


小雨になってきて、

240055588_624


雨の後退散したそうな。

夏休み第一弾3

砦のてっぺんへ。ここからの景色がすばらしい。

201608017

視界360度見渡せます。砦だしね。


201608018

大砲や舵がまだ敷地内に置かれています。


240055531_624

お決まりの写真で砦を後にしました。

240055518_624_1

で、おなかもすいたので、港の方まで戻ってレストランへ。


240055539_624

私はサーモンバーグを食べました。なかなかおいしかった!


201608019


ここからちょっと島でのんびりして、帰りはスーパーによって買い物し、夜は家でザリガニ食べました!

240055544_624


夏休み第一弾2

海岸沿いが続きます。

201608011_2


風が強いけれど、気持ちいい。

240055489_624


疲れたよー。

240055482_624

ハイキングを切り上げて、砦の方へ向かうことに。
えらく人が多いなー、と思っていたら、なんと、大砲の実演だけではなくて、今日は年に一度しかない週末のコスチュームを着た実演の日だったのでした!なんとラッキー。この前来た時に来年はコスチュームを着ているときに来たいなーと思っていたので、すごい偶然。

砦のあちこちに昔のコスチュームを着た人がいて普通に絡んできます。一番怖かったのは、暗いトンネルの中に子供たちがうずくまっていたことかも。。


201608013

大砲のおかれた広場にやってきました。素人っぽい人たちがコスチュームを着て待機しています。


201608014


で、寸劇スタート。
空砲とはいえ、こちらに向かって撃ってくるのでちょっとこわい。。

240055495_624


いよいよ大砲。こちらももちろん火薬のみなのですが、それでもすごい音でした!!

240055499_624


これで終わりかと思っていたら、砦の中を移動しながら寸劇が続きます。

スウェーデン語なので何を言っているのかはよくわからないのですが、周りの人も盛り上がっている。この人たちは劇団の人なんだろうか?地元の人なんだろうか?

201608015

この砦、刑務所、処刑場としても使われていたので、途中で処刑人も出てきます。


201608016

籠の中に切られた腕がたくさん入っていました。。

今日はこんなものまでディスプレイ。


240055510_624

何やら熱心にスケッチしているムスメ。

240055504_624_2


夏休み第一弾、まずはムスメの友人一家がやってきてくれました

日本から帰国した次の日に、ムスメが小学校1年生の時からの友人一家が遊びに来てくれました。そう、遊びに来てくれるのを迎えるために帰ってきたといっても過言ではない。

この一家、毎年夏はヨーロッパに旅行に行くと決めていて、今年は私たちがいるのでスウェーデンと帰りにスペインによるのだそうな。うちで三泊していってくれました。

こんなにいろいろいただいてしまいました。

20160731

しかしもっとも気合いの入っていたという獺祭が割れていたのは返す返すもショック。。


201607310


まず一日目は定番、Marstrandsへ。去年9月に友人が来てくれた時に行ったのですが、その時にはもうシーズンオフで列車とバス乗り継いでいったのが、夏のシーズンだと、ヨーテボリセントラルから直通バスが出ていました。木を基調としたバス乗り場。

20160801

みんなの日頃の行いがよいからか、雲は多いものの、お天気がもってくれました。

201608010

インフォメーションセンターで聞いたら、今日の昼間に大砲の実演があるということで、それまでに時間があったのでまず島内をハイキングすることに。


さっそく歩き始めます。

240055438_624

中学校から彼女は別の学校に行っているのですが、久しぶりに会ってもブランクを感じない。


240055433_624


港あたりで戯れる私たち。


240055445_624


公園見つけて遊び始めました。

240055453_624


童心に帰るムスメ。。


240055460_624


ハイキングは進まず遊んでいる子供たち。。


240055466_624

全然進めそうにありません。。

240055427_624


やっと歩き始めました。


240055475_624


ヨーテボリの島はあまり木が生えていないので、とにかく見晴らしがいい。かわいい家がたくさん見えます。


201608012

2016年10月25日 (火)

スウェーデンの夏休み

今年のお盆休みは、私の友人家族、主人とムスコ、主人の弟夫婦、主人の妹家族の総勢12人が勢ぞろいするというすごい人数でのスウェーデン滞在となりました!

こちらは友人がまとめてくれた思い出の写真たち。いや~、ほんといろいろ楽しかったです。またおいおいゆっくりブログアップします。

14063969_1028964130545841_864878167


14089287_1028964093879178_595118130


14102467_1028964097212511_264086716


2016年10月24日 (月)

Lidingöloppetの後に

Sigtunaに引越ししたお友達のおうちに呼んでいただきました。

地下室もこの素敵さ。。

20160924

夕食は蝋燭で。


201609249

チキン、おいしかった!


2016092410


9月頭にロンドン6

最後の日はロンドンラン!

ウェストミンスター寺院からバッキンガム宮殿へ。

201609075

さすがに立派


201609076

宮殿前の広場


201609077


さすがに公園も立派でした。

201609078

ランナーもちらほら


201609079


ロンドン備録

スウェーデンにもいますが、乗馬警官がいました。

201609053


9月頭にロンドン5

友人とも会える時間ができて、またまたイタリアンのイベリコ豚。

このフルーツいっぱいのマルガリータがおいしかった!

20160907


トマトスープ

201609073

イベリコ豚のハムがおいしすぎ。。


201609070

ヌードルはちょっと微妙だったかな。

201609074


9月頭にロンドン4

同僚のお誕生日で彼女チョイスのJemieのイタリアンへ。

https://www.jamieoliver.com/


さすがにお洒落な店構え。


201609054


カプリチョーザがおいしい。。ドライトマトがいい感じ。

201609056


パスタもおいしかったです。

201609057

ティラミス


201609058

私はティラミスカクテルにしました。これもおいしかった!


201609059


9月頭にロンドン3

ロンドンで久々に会った日本からのチームとディナー。

ロンドンに住んでいた同僚が勧めてくれたイタリアン。ピザがおいしい。


20160906

こちらもおいしかった!

201609060


人数多かったのでパスタも食べました。

201609062

おいしゅうございました!

201609063


デザートこってり。。

201609050

これは別の日に食べたリゾット。


20160905


結局どこで食べてもおいしいのがイタリアン、ってことになってしまうんだなー

9月頭にロンドン2

同僚と打ち合わせを兼ねてDouble tree by Hiltonのバーへ。
すごい景色!

201609138


これは絶景のバーだ。

201609139

かっこいい同僚に囲まれて


2016091310

おつまみにチーズとハム。


2016091311


ミニバーガーも食べました。

2016091312

この旅行中、ロンドンタワーもラン!


201609130


ウェストミンスター寺院、

201609131


学会の会場が遠かったので、ケーブルに乗る機会も。

https://tfl.gov.uk/modes/emirates-air-line/

なかなか絶景でした。


20160913


9月頭にロンドン

夏休みが終わっていきなりロンドン出張。いやーしんどかった。。

それはともかく。

パディントン駅

201609132

ホテルがロンドンアイのすぐそばで盛り上がる!


201609133

ということは、ビッグベンも近所。

201609134

セルフリッジ発見

201609135

ホテルはPark Bridge Westminster London


201609136

ホテルの廊下からビッグベンがきれいに見えました。これを部屋から見るには、プレミアム料金らしい。。


201609137


夏、久々のアメリカ 後半7

この後二人でNational Art Galleryへ

2016062616


建物も中庭も素敵。

2016062617

レオナルドダヴィンチの「Ginevra de' Benci」


2016062618


近くで見れて、写真まで撮れるのがすごい。

ルノワールやモネもありました。

2016062619


お土産屋のディスプレイが素敵でパチリ。

2016062620


駅まで送ってもらいました。

2016062621


最後はリバティベルで休日終わり。楽しかったです!

2016062622


夏、久々のアメリカ 後半6

本日のランチは友人おすすめのシーフード。こちら。

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g28970-d6370253-Reviews-Fiola_Mare-Washington_DC_District_of_Columbia.html

予約がいっぱいの中、しっかり予約を取ってくれて、バーでシャンパンをいただいた後にテーブルへ。

2016062611

そして、このシーフードすごかった!

2016062612

二人でパチリ!

2016062613

こちらのパスタもめちゃくちゃおいしかったです。


2016062614

川沿いでパーティーしている団体もいました。そりゃそうだ、この景色。このお天気。


2016062615


夏、久々のアメリカ 後半5

ここからまだ元気だったので、アーリントン墓地へ。

地図を探すとケネディのお墓があるというので、そちらまで。そこからの景色。

201606268


壮観です。

201606269

しかし、走っていたら止められました。。墓地なので、レクリエーション禁止なのです。ランニングはやっぱりレクリエーションなのね。

友人宅に帰って、家の周りを軽くジョグしていた友人と合流。ランチに出かけました。

スウェーデン大使館を発見!


2016062610


夏、久々のアメリカ 後半4

二日目。朝起きてワシントンDCジョグ。

こんな素敵な住宅街。

20160626


これなんだったんだろう?

201606260

そして、こちら。


201606261

はい、ホワイトハウスです!


201606262

彼女のおうちがすごく街中だったというのもあると思うけれど、ワシントン、結構固まっててランでいろいろ行けました。

ワシントンモニュメント


201606264

何か記念碑


201606263

モニュメントからの景色。アメリカっぽい。


201606265

そして、リンカーンメモリアル。


201606266

それこそアメリカに留学していた時にアメリカ史専攻だった私としては絶対に来たかったところがワシントンDCで、その時にもここ来たのですが、何度来ても盛り上がります。

セルフィー。


201606267


夏、久々のアメリカ 後半3

リバーダンスの後は、彼女の素敵マンションの屋上で住人が集まった週末BBQがあるとのこと。
シーフードを買いに行きました。こちらも、高級スーパー。オーガニックの食べ物などたくさんあります。

2016062519

屋上に行ってびっくり!


2016062510


すばらしい景色が広がり、しかもBBQとソファのセットが何台もそろっている。。なんと2層のBBQコンロに、冷蔵庫まで完備。

2016062520

飲み物も食べ物も各自持参でパーティー開始。


2016062521

国籍もバックグラウンドもばらばらの人たちが集まって、いろんな話題に花が咲く。そして、きれいな夕焼け。


2016062523

ワンちゃんもやってきて、にぎやかなパーティーとなりました。
なんだかハイソな世界にちょっと混ぜてもらった感じ。マンションが住人同士の交流でいろんなイベントをやってくれていて、それで知り合って仲良くなってきたのだそうです。こういう集まりもいいですね。


2016062524


2016年10月23日 (日)

夏、久々のアメリカ 後半2

こちらが友人の住む豪華マンション!Expat小さいサイズのファミリー向けという感じ。

201606259


私と同じく決して料理得意でも上手でもないのですが、ささっとアボガドのサラダ作って水餃子温めてくれました。

2016062511

今日はまず彼女がもともと行く予定にしていたリバーダンスの公演に一緒に連れて行ってもらいました。Wolf Trapというすごく素敵な屋外劇場。


2016062512

夏の間は有名なミュージシャンのコンサートも結構あるそう。こんな感じの会場です。お天気に恵まれたので、さらに素敵。


2016062513

二人でパチリ。

2016062514

今度は一人で。

2016062517

さすが中国人の彼女。ポーズが決まっている。。


2016062518


リバーダンス生で見たのは初めてだったのですが、すごくよかった!演出もしゃれていて、途中でフラメンコとの共演や、アメリカのタップダンスとのダンス競争みたいなのがあります。

アメリカのタップはさすがにアフリカンアメリカン、体全体でリズム刻んですごく素敵。
リバーダンスの方は上半身がぶれない分、下半身がすごくリズミカルに見えて、グループでのダンスも素敵なのですが、ソロの男性でもやっぱり素敵なことが判明。

出ていた人たちのプロフィールを見たら、ほぼ皆さん、リバーダンス大会の優勝者でした。
見ごたえあるはずだ!

2016062515

屋外でパフォーマンス満喫できました。

Wolf_trap


夏、久々のアメリカ 後半

最後の週末は、ワシントンDCに住む友人のところへ遊びに行きました。

東海岸、ワシントン、フィラデルフィア、ニューヨーク間はアムトラックが結構使えるそうで、今回もアムトラックで旅することに。

20161625


無事にワシントン駅に到着。

201606251


さすが首都。アメリカ色満載です。

201606252

友人との待ち合わせにちょっと時間があったので、Trip advisorで意外にお勧め、と出ていた駅前のNational Postal Museumへ。


201606253


いきなり目を引くディスプレイ。

201606254


まずは郵便の歴史が紹介されているのですが、確かにアメリカの郵便の歴史となれば、乗り物の歴史、西部開拓の歴史ということになって、歴史がそのまま再現されることになる。うん、面白い!

各国のポスト。スウェーデンもありました。つい日本だとポスト=赤、というイメージがあるのですが、各国まちまちです。

201606255

親子イベントを開催中で、スポンジボブ君が。


201606256

そしてもちろん次は切手コーナー。世界中どこにでも切手コレクションマニアはいるんですね。
私も昔集めてたもんなー。


201606257


こちらもほんといろんな柄があって楽しい。

201606258

スミソニアンの一部だそうですが、この内容がただで楽しめるとはさすが。

2016年10月22日 (土)

後輩の結婚式の次の日に 3

素敵なレストランでした。

13567456_1053465221397131_893443134


この後さらにぷらぷら歩いて港まで。

13567334_1053465374730449_758695932

こちらのSouthern archipelago アクセスも簡単だし、ハイキングコースとしてはおすすめです。


2016070320


2016年10月21日 (金)

後輩の結婚式の次の日に2

島の中は車禁止なので、みなさん、こういう移動手段です。


13600183_1053465201397133_180701830

なんだか見晴らしの良いところに。

13537689_1053465034730483_668656368

私たちの日頃の行いが良いのでお天気に恵まれて、最高のハイキング日和!

13592422_1053465114730475_143198356

そう、こんなところです。


201607039

いっぱい、いっぱい歩いて、疲れたころに素敵なレストラン発見!

13606698_1053465354730451_280296196


まずはビールで乾杯!


13590368_1053465271397126_117733389

一皿はフィッシュスープ。


13537770_1053465314730455_251714252

もう一皿はサーモンサラダ。


13606557_1053465284730458_140122943

後輩の結婚式の次の日に

もう一日滞在してくれていた別の後輩とヨーテボリの島観光。

彼女がもう一日いてくれるというので、せっかくだし、ヨーテボリの島と言えば、と改めて検索してみたら、前に行った北の要塞系の島ではなくて、南に市電とフェリーでアクセスがいい島があることが判明。

ということで、朝待ち合わせして、市電に乗って、フェリーに乗っていってきました。

Valconmen! 島に着きました。
船を持っている人も多そう。

13615216_1053465171397136_424905300

まずは人の流れについて歩き出しました。
地図を発見。


13557664_1053464751397178_326895235

とりあえず歩き出したら、かわいい教会に遭遇。


13615328_1053464934730493_667569496

だんだんとハイキングっぽいコースに入ります。


13615139_1053464824730504_756626794

裏庭?みたいなところも通り。


201607034


ところどころに道標も発見。


13615113_1053465054730481_765244186

2016年10月20日 (木)

後輩の結婚式がヨーテボリでありました!4

夜はまだまだ続く。

カップルがダンスをまさにBall roomで披露。

13599963_1033322700037026_642841317

この後、チケットでドリンクが飲めます。今夜の特別ドリンク。


2016070222

さすがにアメリカから朝帰りした日だったので、疲れて夜12時過ぎに帰りましたが、素晴らしい結婚式でした!

2016年10月10日 (月)

後輩の結婚式がヨーテボリでありました!3

いよいよ披露宴の開始です。

幸せそうなカップル

13439023_1033222083380421_869823900

シェフの紹介がありました。まさにボールルームでお食事です。


13495103_1033322850037011_331904370

2016070216

パンフレットにSwedish wedding traditionsというのを紹介してくれていて、これがおもしろかった!

1.Silver coins
花嫁は、指揮の当日に父親からの銀貨を左の靴に、母親からの金貨を右の靴いれるのだそうです。

2."You may now (all) kiss the bride"
式の途中に花嫁、花婿のどちらかが中座すると、異性のゲスト全員が列を作って残った方にキスをしてよいことになっています。もちろんわざと中座してくれるので、みんなで列を作ってキスに行きました。

3.Lots of speeches
とにかくスピーチが多いのが特徴らしい。確かに、20人くらいスピーチしてました。
特にすばらしかったのが、最初のスピーチがそれぞれのお母さんだったこと。子どもたちのことを思った、また伴侶への愛もあふれるすばらしいスピーチでした!

4.The man gets an engagement ring too
婚約のときに結婚指輪を交換し、結婚式では花嫁のみが石のついた指輪をもらえるのだそうな。今回の式では普通に交換してました。

5.Schnapps songs or "Snapsvisor"
もちろん、歌を歌ってSchnappsを飲みます!
なんと、ルチアのときに歌ったTre Pepparkaksgubbarをこの日も歌いました。

セッティングが素敵


201607021

前菜。

2016070217


お魚と鹿肉が選べました


201607028

私はシカを選択。


2016070219


デザート!

13439055_1033322773370352_338812205

スウェーデン人、日本人、シンガポール人、本当にいろんな人が参列していて、どのスピーチも新郎新婦への友情、愛情にあふれていて、すばらしい式でした!

そして、こちら新郎のお母さんから二人への言葉。本当に心がこもっています。激しく共感。

2016070221


2016年10月 9日 (日)

後輩の結婚式がヨーテボリでありました!2

式の後は、お城までお散歩。車載せてあげようか?と言われたのですが、せっかくなので散歩がてら行くことに。

門番の家?がありました。

2016070211

とにかく広大な敷地。。

2016070212


どうも遠回りしてしまったようで、延々30分以上歩いた後でお城の裏庭に到着。


201607023

綺麗に整備されています。


201607026


いよいよお城の中へ。


201607027

いかにもな肖像画。

2016070214

新郎のお母さんと親戚の方がスウェーデンの民族衣装で。絵になります。


2016070215


2016年10月 3日 (月)

後輩の結婚式がヨーテボリでありました!

アメリカ出張をちょっと早めに切り上げたのは、日本の後輩が、今はシンガポールで働いているのですが、なんと日本で知り合った彼氏がヨーテボリ出身のスウェーデン人で、ヨーテボリで式をあげることがわかったから!


まずびっくりしたのが、新郎新婦が今はシンガポール勤務、ゲストも各国からやってくるということで招待状がAppy Coupleというアプリだったこと。現代の結婚式、すごすぎる。。

こちらが式場の教会。

13509090_10154290287665522_51596919


そして、当日は2時半にダウンタウンのホテルでピックアップしてもらい、郊外の教会へ。
式自体は15時半、パーティー17時に始まり、夜中の2時過ぎまで、という長さです!
パーティーはなんとお城で。。

http://www.tjoloholm.se/en/visit-tjoloholm/accommodation/

こちらのお城、会社の同僚に聞いたらみんな知ってて、「ここで結婚式挙げたら高いよー」と言ってました。結婚式の合間にお城ツアーをしてくださったのですが(コミュニティーが持って管理している)資産家の持ち物でスウェーデンではなくイギリス様式の建築なのだそう。なのでとっても寒かったようです。さらに奇遇なことに、まさに会社の同僚、Dicksonさんの先祖の持ち物だったそうな!!すごいお金持ちだったそうですが、何代かで手放すことになったそう。そりゃこの広さのメンテは大変だよなー。


まずは教会の方で式。新郎新婦の入場です。


201607029

誓いの言葉

20160702


201607022

ブライドメイドさんたちのドレスもかわいかったです。新婦の妹さんもメイドに。


2016070210


おめでとう!


201607020

昔の同僚たちとも再会できて、楽しい式となりました。


201607025


アメリカ滞在は続く

たまたまレースを見つけて参加!

ホテルから8kmくらい先の場所だったので、行はジョグ。

ちゃんと受付がありました。

201606230

アメリカに行って思ったのが、ほんと近所に走る場所がない!!ホテルの裏にこんなに素晴らしい森があるのですが、2kmくらいしかない。。


20160618


道路のわきに歩道がない。。ので、走れない。
なので、レースはうれしい。
ちゃんと走れる公園で、しかも合間をパトカーが止めて走れるという。

今回のレースのもう一つの目玉がおいしいFood truckが出るところ。確かにおいしそうでした。


20160622

さあ、頑張って走ります。


201606231

ここ、本当に素敵なところでした。すぐそばが川。


201606232

女子2位でやった!と思ったけれど、一位しか特に商品なし。。でも、みんなメダルがもらえます。このトレーニング状態で22分以内に走れたのはえらい!


201606233

13528851_10210055188435087_85771408


こちら商品のTシャツ。


201606234


Food truckも魅力的だったのだけれど、ここではビールが飲めないので我慢してホテルに帰る。ちょうど走り終わったころに雨がジャンジャン降りだして、Uber呼んだのが正解でした。

昔のアメリカの大変だったところはほんとタクシーが捕まらないことだったので、Uber最高!


で、こちらホテルの中華夕飯。


201606183

おいしくいただきました!

夏、久々のアメリカ7

アイオワシティ二日目の午後は観光しました。

再度、シティホールに観光に行ったら、ちゃんと空いてた。タダで入れます。バイトっぽい大学生がいました。

こんな歴史。

2016061814

中も結構見ごたえありました。アメリカ史専攻にはたまらない。

2016061815


こちらが議会場。

2016061816

この後、図書館へ。Star warsの特別展やってました。

2016061817

アイオワ大学関連の方が制作にかかわっていたというのが面白かったです。

夏 久々のアメリカ6

アイオワシティで泊まったのはこちら。

http://www.hilton.com/search/hp/us/ia/iowa_city/0/00000000000/0/0/0/0/50?wt.srch=1

観光客も多くてにぎわってました。ホーカイズのキャラクターがこちら。

2016061811

なかなか朝食もおいしかったです。ベーグル大好き!


2016061810

で、帰りはミネアポリス経由。
まずはデモインでチップス!


2016061818


そしてフライト遅れて、ミネアポリスで足止めを食らう。。Facebookでアップしたら、みんなに受けた殺人の起きそうないかにもアメリカのモーテルに泊まりました。


2016061819

夏 久々のアメリカ5

二日目のお昼もブランチにJackの家族に誘っていただいて一緒に行きました。ちょうどこの日は父の日で、Jackをみんなで歓待しよう!という企画。

近所のブランチブッフェ、めちゃくちゃおいしかった!

おいしすぎて、写真もない。。

で、忘れていたのが、1日目はJackのおうちでDinnerをいただいたんですよ!これもおいしかった。ポークステーキ


201606202_2


ムスメさんのパートナーがBBQコンロで焼いてくれました。

そしてもちろんアイオワと言えば、コーン!

201606206


サラダもおいしかった。

201606205

自家製アイスを作るよ!と言っていて、その機械を見せてもらいました。


2016061813

家に場所があったらほしい!おいしかった!
こんな風にできます。

2016062011

このアイスのレシピも載ってるレシピケース。古き良きアメリカだ。

201606209

201606208

このチョコケーキも買ってくださってました。


201606207

そのほかにも暖炉があって


201606203


クッキージャーをたくさん飾ってて本当に素敵なおうちでした。


201606204

夕食の後にみんなでドミノをして遊んだのですが(これって、ドミノ倒しするためだけじゃなくてゲームなんですね)なんか、アガサクリスティーの世界とか、昔の映画に出てきそうで、大人になった気分で楽しかった。

最後、この車で送ってもらいました!


201606189

2016年10月 2日 (日)

夏 久々のアメリカ4

2日目は朝起きて、懐かしのアイオワ大学キャンパスをランニング!

ホテルはダウンタウンの方だったので、まずはシティホールを目指す。これはアイオワシティのいろいろなところでモチーフとして使われている建物で、ここのランドマーク。

201606210

私本当に記憶力が弱いので、あまり当時の映像がしっかり記憶されていないのですが、その中で一番鮮明に覚えているのが図書館。いやー、よく通いました。やっぱりすごく勉強したもんな。


20160621

寮は町のはずれにあったので、授業の合間はほぼ図書館に行ってて、最もここでの滞在時間が長かったと思う。

そこからキャンパス内を走り抜けて広場の方へ。

野外シアターがありました。田舎なのに、大学の町なので文化的なところでした。


201606219_2

ここから寮の方へ。

寮はなんとJackの家が流されてしまった2008年の洪水で同様にダメージを受けて使えなくなっているのです。。川の真横に立っていたからな。


201606214


ということで、目の前ががっさり更地。

目の前の川沿いは公園で整備されていました。


201606218


201606217


このあたり自然が多くてきれいなところ。当時は走ってなかったからあんまりあちこち行ってなかったよなー。


201606216

寮から学校へはキャンバスという黄色いバスが走っていて、このあたりの風景も懐かしい。
フラタニティと、ソロリティの建物。


201606213

靴が引っかかっているのが愛嬌。。


201606212

アイオワシティの特徴といえば大きな川なのですが、このきれいな川が大洪水の原因になったかと思うとちょっと悲しい。


201606211


この後さらにトレイルの道があったので走っていく。気持ちのよりランニングコースでした。全部で20kmくらい走った。

トレイルラン2回目

先週に引き続き、友人に教えてもらったトレラン大会走ってきました。 というか、適当に入れたら、毎週走ってるし、ダメージあるし。。 特に先週の30kmのダメージが結構あって、足が木曜日くらいまで張ってて、しかもちょっと水曜から風邪気味だったのでどうなるん?と思っていましたが、朝起きたらお天気もいいし、自分も元気だったのでまずは出発。なんといっても、家の近所(車で18分くらい)なのがありがたい! http://www.skogsmaran.se/ ということで、レース開始の20分前くらいに到着。でも、駐車場もただ! ゆるーい感じで、荷物もゴールまでもっていってくれるとのこと。 出発5分前くらいに説明があったのですが、スウェーデン語だったので、わからず。。生命にかかわる話はなかったはず。。

201610012

ありがたいことに、曇りの天気予報だったのですが、青空が見えてトレラン日和。

20161001

今日はこんなチップで走りました。先週はテープを靴に巻き付けたのでほんと、いろいろありますね。 201610011 で、9時出走。多分ランナー100人くらい。後、ハイカーも続きます。 だっといったチームからは遅れて、走り出す。それでも、それなりに前のほう。 最初はちょっと上りのちょっと広めのトレイルロード。 途中からまさに森の中に入っていきます。 201610013 コースちゃんと追えるのか??と思っていたら、すごく整備されているトレイルで、マークがとってもしっかりしていました。前のランナーが急に曲がってびっくりしたのだけれど、そこでマークがあることに気づき、このあたりから一人で走ったりもしたのですが、無事マークでコース通りに。 201610014 先週の大規模大会とは全く違って、まさに森の中を走っていきます。 自分一人になることもあります。 聞こえるのは森の音と、自分の息のみ。 結構森路で足元が悪いところがあって、とにかく体の感覚を大事に走る。 ロードに出ると、少々上りだろうがほっとするくらい、森の中の道がきつい。。まだまだトレイルの技術がないです。。 湖の横を走り、森の中を走り、本当に素晴らしいコースを走ります。 だいたい5kmごとにエイドもあって、この不便な中、エイド付きで走れるありがたみをかみしめる。。 途中一緒になるランナーとも、のぼりが得意、下りが得意(私)で抜きつ抜かれつ。 最後の4kmくらいで結構な登り(全部で150mくらい)があり、気持ちよく歩く。 そのあと、平坦な道に入っても、砂のドロドロで、足元が悪すぎる。。 最後の3km。もう腹をくくって走る。ロード系だと距離も稼げるので頑張って走る。 上りがあって、それはコースマップでも知っていたので、ひたすら我慢して上る。 ゴールの町、Hindasに入ったら、牧場があって、山と高原が広がっていて本当にきれいで救われる。。 最後の1kmになって、まさにゴールの町に入ったのがわかる!頑張って走る! しかし、前を走っている人がいつまでたってもゴールしない。。 21km過ぎました。 でも、まだゴール見えず。 最後に必死で走ってたどり着いたのも、道の横でまだここから走らさせられる。 やっとMALが見えて、ゴール!22kmはあったな。 201610015 いやア、疲れた。 女子4位だったそうです。ゴールのあたりもみんなのんびり。 201610018 で、シャトルがあると思っていたのに、バスがある!というのは路線バスのことで、スタートまで自力でバスで帰った。 うん、楽しかったです!本当にトレイルのコースに恵まれていると思う。 普通のトレイルランだと、コースをしっかり確認しながら自分のペースで行くのが大事。 森との一体感が気持ちいい。 一人で走っているより頑張れるのと、エイドがうれしい。 と同時に普段自分が走っているトレイルのコースがすばらしいのも再確認。恵まれてるなー。 こちらが今日のコース。結構上り下りあります。このコースマップ見ても、22kmあるやん! Skogsmarankontrollerhalva

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リプレ

  • リプレ